私がIT企業を辞めて、映画監督の道へ進んだ理由 アキラ

アキラ

生誕

1993年8月4日

出身

 日本 神奈川県横浜市

出身校

私立浅野高校

慶應義塾大学

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

職業

学生

将来の夢は?

やっぱり映画やりたいかな。映画撮ってたい。

でもすごい迷ってた時期があって、お金かやりたいことかの2択だったんだよね。本当は両方あれば良いんだけどさ。留学したときに、才能あるなって思った人でもなかなか芽が出ないのを見てて、不安定でもアートしたいって思うのか悩んだ時期があったんだよね

それで一回外資系IT企業に就職したんだ。

(ちなみに彼が就職したところは、大変優秀な人しか入れない超ウルトラ優良企業です🧐)

でもやっぱり違うなって思って、そういうつまんないことをやめようと思って、今後はちょっとクリエイティブに生きていたいなって思ってる。映画じゃなくても良いんだけど。写真とかさ。

漫画を描いてた小学生時代

ー小学生の頃はどんな感じだった?

絵とか漫画とか描いてた。漫画家なりたいって思った時期もあったかな。あと普通に男の子好きだったかも。5年生くらいからだったかなー。結構女の子と一緒に居たし。

ー昔から何かを作るのが好きだったんだ?

幼稚園の頃から絵とか書くの好きだった。何かを表現するっていうプロセスはずっとあって、小さい頃からずっと絵描いてたし、小学校のときも漫画描いてたからそれは続いてた。人に見せたり、一緒に書いたりしてたかなー。

俳優を目指してた中学生時代

ー中学生のときはどうだった?

中学受験は第二志望に合格して、それなりに良かったかな。中学時代は割と一番多感な時期で、LGBTのこともそうだし、自分について考える時期があったかな。あと、俳優になりたいと思って、オーディションにも応募してた。

ーなんで俳優やりたいと思ったの?

見た目が良い=良いみたいな時期だったからかな。映画の表にいる人たちって、見た目良いじゃん?それに単純に憧れてたかも。俺が行ってた中学高校の男の子って地味な感じで、そんなにチャラチャラしてなくて、なんかその反動。そういう風になりたくないみたいな笑 友達はいたけどね。でも全然中心ではなかった。端にいたかな。

ー中高一貫なんだっけ?男子校?

そーそー。

映画をひたすら見ていた高校時代

途中で疲れて、オーディションはやめて、ちょうどそのときに親が映画「ライフイズビューティフル」を教えてくれたの。それを見てすっごい良いじゃんってなって、自分はイタリアの映画には出れないじゃん?でもこれ作れたらすごいなって思って。映画の裏の世界も楽しいんじゃないかって思った。そこから映画をめちゃくちゃ見るようになってさ。それ大っきいだろうね。

映画の表の世界に出ようと思ったけど無理かなって思って、映画の裏の世界も楽しそうだなーって思ったんだよね。中学校の頃バトミントン部だったけど、つまんねーって思って、途中から行かなくなったんだ。それで高校の頃映画見て、面白いなって思って、これに時間使おうーって思ってさ。高校学校終わったらすぐTSUTAYA寄って、色々見てたよ。

いいよねーーー。楽しいよねーーー。

すっごい見たよ。1年で300本かな。あとお茶入れて映画見るのが大好きだった。お菓子買ってきて、カーテン閉めてー、ステージ作って見るっていう。

(僕も中学、高校時代はコーラとピザポテトを買って映画をひたすら見てました🍿コーラの絵文字が無かったのでポップコーンの絵文字にしました照)

ー勉強はどうだった?

映画ばっかり見てたからダメダメだったよ。でも途中からやっぱり字幕なしで見たかったから英語は頑張ったかな。「America’s Next Top Model」っていうアメリカのオーディション番組があったんだよ。それは12人のモデルになりたい女の子が集まって、毎週一人ずつ落とされる。最終的にいろんな試練を経て、優勝した人が賞金をもらって、そのあとはモデルのキャリアに進めるってやつ。

その中にレズビアンの子がいたの。最初から自分がレズビアンだって言っててさ。その子に結構影響受けたかも。そうやって隠さなくても良いんだなみたいな。それは全部英語だったし、そこから言語学びたいと思ってさ。異世界への憧れみたいなのもあって、自分のセクシュアリティも確立されてきて、違う世界とつながってたいみたかったのかも。

Facebookがちょうど出てきた時期だったから、日本のこと興味ありそうな外国人に勝手にフレンドリーリクエスト送ってたよ。地下鉄で外国人風の人に話しかけたりしてたもん。

なかなかそれは出来ないよー。

だからやりたいと思ったら、結構グイグイいくね。オーディションもそうだし、割とやりたいと思ったらやってくわ。

ー志望校はどうやって決めたの?

それは中上流階級の考え方で、早慶上智だったらどこでも良いと思ってた。だから10個くらい受けて、数打ちゃ当たるみたいな。それでSFCしか受からなかった。

ーSFC受けるって割と珍しくない?

お父さんが勧めてきたんだよ。それですごい親の愛を感じた。お父さんとは全然話してなかったんだけど、意外と見てくれてたんだなって思った。総合政策学部受けてみたらいいんじゃないって言ってきたんだよ。でも全然興味なかったし、なんかよく分からないじゃん笑 総合政策学部ってなんだよみたいな笑 でもとりあえず慶應だから、絶対受からないでしょと思ったけど、受かったから良かった。

ーお父さんはなんで受けた方が良いって言ったか聞いたことある?

やっぱり「いわゆる普通の男の子とは違う」っていうのは、思ってたみたいで。ちょっと自由な学部の方が良いんじゃないかって思ったんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です