BBQの日は、なぜいつも暑く感じるのか?

どーもBBQ大好き人間ベムです。

早くBBQをしたああい。。と冬になると嘆いております。

BBQって良いですよね。大自然のなかで輝く太陽のもと、肉を頬張りながらキンキンに冷えたビールを流し込む。そして、炭火で焼く肉から出る煙のなかで、気の合う友人たちとたわいもない会話をしながら、じゃれ合うひととき。たまらない。

早くBBQをしたああい。。

BBQをするなら早くて5月かな。

それにしてもBBQの日っていつも暑いよなあ。

春にやるBBQでもすこぶる暑い。暑い。灼熱。灼熱人間ベム。。。

ん?

暑い?

5月なのに暑い??

なぜだ??なぜBBQの日はこんなにも暑いのか?BBQの日は暑い記憶しかない。寒かった試しがない。いつも火照った自分の顔が写真に映し出されている。おかしい!!

これは、おかしい!BBQの魔術!

BBQマジック!BBQM!

BBQはいつも暑い!!

と思ったので考えました。

BBQは、なぜいつも暑く感じるのか?

解説していきます。

そもそも会場の日当たりが良い

BBQ会場で思い浮かべるのはどこでしょう?

そう。河川敷ですよね。河川敷の周りには太陽の日を遮るものは全くない!日当たり良好です!

最近ではデジキューと呼ばれる、都市空間でもBBQができるところがありますが、どこもビルの屋上なので、ここも日当たり良好です!

都市公園、川辺、ビルの屋上など、そもそもBBQの会場は日当たりがめちゃ良いので、そりゃ暑くなりますわな!

天気悪い日は、BBQやらない

これもそもそも論なんですけど、天気悪かったらBBQやらないですよね。

BBQが出来る、すなわち天気が良いということです。

となると、BBQの日はいつも天気が良いので、暑い日の記憶しかないわけです。

お酒を飲むと身体が熱くなる。

BBQで飲むのはやっぱりキンキンに冷えたビールですよね!

ビールじゃなくても、アルコールはBBQで必ず飲むはず!

ここに着目!お酒を飲むと血管が広がっている状態になるので、血の巡りが良くなって身体が熱くなるんだ!!

そりゃ暑くなるわな!!

ということで、

BBQの日は、なぜいつも暑くなるのかというと、

①BBQの会場が日当たり良いところしかない

②天気が良い日しかBBQをやらない

③お酒を飲んで身体が熱くなる

という理由からです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です