なぜ男は青で、女は赤なのか? 狩猟と空、コミュニティーと炎の関係性

トイレのマークで男性用は青で、女性用は赤じゃないですか?

さらに、男性が選ぶ色は青色で、女性が選ぶのは赤色が多い。

これは果たして人間の本能的な感覚なのか?それとも人間社会が作り出した文化によるものなのか?気になりませんか?

そこで、色々と考えてみました。

そもそもなぜトイレマークで青と赤が用いられたのか?

「図解世界の色彩感情事典」によると、世界のほとんどの国で、男性”を“青系”、 “女性”を“赤系”(ただしピンクが多い)という認識がされているようです。

また、「日経プラスワン 2009年5月2日号」に掲載されている「どうして男性は青、女性が赤なの?」という記事では、世界でも人気の2色(青・赤)で対比していることトイレマークの起源は、1964年開催の東京五輪とのこと。

ぬわにー!!

東京オリンピックで、この男女の青と赤を用いたトイレマークが生まれたんですってー?!

なるほどなるほど。

となると、東京オリンピックが始まりなのか、、

いやいや違う。そもそもそのときから、男女は青と赤という認識があったのではないでしょうか?

狩りを安心させるか、コミュニティーを安心させるか

遥か昔の人間生活に遡ると、男性は狩りによって食糧を調達し、女性はコミュニティーの安全を守ってました。

そこで狩猟生活の安全性を担保するのはやはり、快晴であります。空が青いと狩りがしやすく、食糧も調達しやすい。

そのため、男性は空の色々、青を好むようになったのではないのでしょうか?

一方、女性はコミュニティーの安全を守るべく、炎を大切にしていたのではないでしょうか?

炎があれば、暖を取ることが出来て、強大な敵に対して炎という武器を持てば、対処ができる。

そのため、女性は炎の色、赤を好むようになったのではないでしょうか?

あくまで仮説ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です