社内への説明に時間がかかりすぎると、企業の生産性が落ちる説

今日はめちゃくちゃ残業しました。。。

23時までかかりましたよ。。

とほほ。

なんでかと言うと、会社に説明しなければならない資料を作っていたから。

上司が、上層部に数字を報告する際に、個々人の業務を把握しなければならず、大量の説明資料を求められたんですよ。。

これめっちゃ時間かかるううう!!!

数字あげるのと同じくらい時間かかります。

とゆうわけで、社内への説明に時間がかかりすぎると、生産性が落ちる説唱えます。

企業が大きくなると、一人一人の事業内容が曖昧になる

会社が大きくなるにつれて、一人一人の事業内容を全て把握することは難しくなりますよね。

そうなると、企業に対して個々人が事業内容の進捗や、動向を説明をしなければなりません。

自ずと、説明に時間がかかってしまいます。

本来営業できる時間で、説明資料を作成したり、コミュニケーションを取ったりとかなりの時間を割くことになります。

生産性落ちますよね。。

一人一人が着手する領域が広くて、生産性が低いとコスパが悪くなる

別に、大企業でも生産性が高いところもあると思うんですよ。

それは、一人一人の着手する領域が限られていて管理しやすく、透明化されている場合。

10人が同じAという事業をやっていれば、説明に時間はかかりませんが、1人がA、1人がB、1人がCと、それぞれ異なる領域を持ってしまうと、説明が長くなる。

領域と生産性を考えないといけませんよね。

とゆうわけで、説明に時間がかかると生産性は落ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です