最強のエナジードリンクは、人と会って本音で語り合うこと説

今日も朝から気が滅入り、トボトボと下を向きながら歩いて出社。

はあ。今日もだるい。帰りたい。。

帰りたいが口癖。

なんなら家にいても「帰りたい」と言ってしまいますよね。

この憂鬱。

どうにかしてくれやお天道様よ。

と今朝思っていたのですが、みなさんどうすか?そんな日ない?

がしかし、解決策思いつきましたよ!!

それは、人と会って本音で語り合うことだ!!わんわん!🐶

これは最強のエナジードリンクだ!モンスターや、レッドブルより効くのだ!一日持ちまっせ!くうう。

とゆうわけで、なぜ人と会って本音で語り合うことは、最強のエナジードリンクになりうるのか解説していきます。

あ。。ちなみに僕はレッドブル好きですよ。否定してません。キャッチーなタイトルかなと思ってつい。

本音で語り合うとは

まず本音ってなんでしょと。

本音:本心からいう言葉。 出典:デジタル大辞林

まあそりゃそうだわな!!じゃあ本心ってなんだよ!

本心:うわべだけのものでない、本当の心。 出典:デジタル大辞林

なるほどな。あんまり説明になってないが。こういうワードって曖昧な答えになりがち。まあうわべじゃねえんだっつうことですよ。本当の心で話すことが、本音で語り合うことなんです。

例えばね、あんまり会社で本音を言えないじゃないですか。「今日ぶっちゃけだるいんで、適当に仕事やりたいでーす!」なんて言えないですよ。うわべでも「鋭意取り組みます」としか言えないじゃないですか。でもこれってめちゃきつい🐷

嘘ですもん。嘘をつくとか、本音で言わないとかって、思ったことを素直に言わないので、脳の思考回路でひと手間加えるから、ストレスかかっちゃう気しません?

そもそも本音で語るってのは、本当の心で話すから、負担がかかりにくくて、ストレスフリーなんですよ。

語り合うとは何か

本音で語り合うというときは、必ず相手が必要ですよね。じゃなきゃ独り言になってしまう。本音で「帰りたい」ってボソッと言ったとしても、それは語り合うことにはならないんですよね。

この、語り合うってのが実は大事。

本音で話すと、相手も心を開いてくれて、本音で話してくれます。そして、本音で語り合うことで元気になるんです。

例えば、今日仕事中にクライアントに「ぶっちゃけ僕ブログやっててこういうこと考えてるんですよ」なんて言ったら、相手も本音を言ってくれて、「実は仕事辞めようとしてて」みたいなことも言ってくれるんですよね。

こうして、どんどんお互い本音で語り合うことで、心を開き、仲良くなります。そうすると、元気になっちゃうんですよこれがまた。

テンション上がりますよ。

人間は社会的な動物です。両親に育てられ、友人と遊び、先輩から学び、後輩をかわいがり、周囲の方々とともに生活してくので、周りの人間と仲良くなる必要があるんですよね。DNAに、生きるために人間と仲良くなった方が良いぞ!というデータが組み込まれてるんですよ。

だから、人間と仲良くすると、元気になるように仕組まれてるんです。

ぜひ、本音で語り合ってください。無理して隠さなくて良いです。それが最強のエナジードリンクですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です