全てのヒット商品は〇〇(時代に合う要素)の〇〇(根源的に必要なもの)説

この前、駅のホームで電車を待っていたら、こんな会話が聞こえました。

「ああ、メルカリはねえ、インターネット上のフリマのことだよ」

どうやら、30代くらいの女性が母親であろう60代くらいのおばあさんに話しているようだ。

なるほど。メルカリはインターネット上のフリマか。ふむふむ。

上手い教え方だなあと感心してたんですけど。

そこで、着想!!!ぶわっー!!!

あれ?これ?めっちゃ大事な法則じゃない?

インターネット上のフリマみたいな、

〇〇の〇〇ってやつ!

商品開発にめっちゃ使える!!

ってか全てのヒット商品は、〇〇の〇〇で説明つくんじゃない?

と思ったわけなんですよ。

それでは、なぜそう思ったのか詳しく解説していきます。

【全てのヒット商品は〇〇(時代に合う要素)の〇〇(根源的に必要なもの)説】

商品開発とは、人々が求めていることを与えること

私たちはいま、商品やサービスなどを開発し、人々に売っていく世界に住んでいます。すなわち、資本主義社会

ここで求められる価値観は、

人々は何を求めているのか?

ということ。

人々に求められていることを開発し、売っていくことが、資本主義社会に求められる売買の基本的なプロセスです。

人々が求めていること(需要)に対し、売っていく(供給)をしていくこと。

そのため、人々は何を求めているのか、つまり需要は何なのか、頭を悩ます商品開発者は多いでしょう。

需要は、人間に求められるか、今の人間に求められるかの二つの軸で決まる

じゃあ、人々が求めているのってなんですか?

単純に考えれば、食べ物や飲み物や寝床や着るものなど、

だから、人間自体が根源的に求めているの生み出せば良いわけですよね。でもそうはいかないのがこの資本主義社会。

それでは、人間が根源的に持っている食欲を満たすための「食べ物」の世界で話をしましょう。

例えば、飲食店が1つもない街にラーメン屋が出来たとします。

人々は食欲を掻き立てられ、ラーメン屋は大繁盛。

その街に住む人々は、街で食欲を満たすために、その店のラーメンを買って食べるしか選択肢が無いからです。

しかし、その街でラーメン屋がどんどん増えたら、たちまち最初に1つだけしかなかったラーメン屋は売れ行きが悪くなる。

需要と供給のバランスが崩れ、供給過多になってしまい、価値が下がってしまう。

そこで、新たな需要を喚起する必要が出てきます。

そのために必要なのは、

今の人々に必要なことことは何かという軸です。

この時代の人間に求められるものを考えるわけです。

そこで、店主は現代の忙しい時代に合うように、いつでも手軽に家庭で食べられるラーメンを作ろうと、カップラーメンを開発します。

そして、たちまちそのラーメン屋は、カップラーメンの収益のおかげで大繁盛。。

この話で言いたいのは、

人間が根源的な求めているもの (食べ物、着るものなどなど)

今の人間が求めているもの (手軽さ、スピード感など)

この2つが、ヒット商品を生み出す秘訣なんだということです。

先ほどのカップラーメンの話で言うと、

①人間が根源的な求めているものは、ラーメンです。

②今の人間が求めているものは、家庭で簡単に調理を可能にする仕掛けです。

家庭で簡単に調理可能のラーメンを生み出したからヒットしたんです。

カップラーメンを知らない人に、〇〇の◯◯と説明するとき、

家庭で簡単に調理可能の、ラーメンと伝えますよね。

最初の〇〇では、②今の人間が求めているもの

後ろの〇〇では、①人間が根源的な求めているもの

になるんですよ!

大ヒット商品の法則

先ほどのカップラーメンの話と同様、

メルカリは、〇〇の〇〇です。と説明する際に、

インターネット上の、フリマとなります。

メルカリは、②今の人間が求めているインターネット空間で、①人間が根源的に求めているフリマを生み出したので、人々に愛され、ヒットしているわけなんです。

よって、

新しい商品は、〇〇の〇〇です。と説明する際に、

最初の〇〇では、②今の人間が求めているもの

後ろの〇〇では、①人間が根源的な求めているもの

がドンピシャで当てはまれば、大ヒット間違いです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です