4月生まれのサッカーやってたやつ、イキる説

4月生まれってズルくないですか?

だって、小中高の頃の年の差ってかなり違いますよね。

中学1年生と3年生って、肉体的にも精神的にも、めちゃくちゃ差があるじゃないですか。

小さい頃は、過ごしてきた時間による差が大きいと思うんです。となると、4月生まれの人と3月生まれの人は、かなり体格や知能の差が生まれるているはずです。そもそも4月生まれの人は、基本的に周りの同級生よりも優位に立てる可能性が高いんです。

そして、サッカー部!スクールカーストのなかで、サッカー部は上位に君臨する人が多めです。上位の人は運動が出来たり、目立ってたりして、女性にもモテます。ちなみに、モテるイメージの部活ランキング1位がサッカー部だそう。

https://www.athome.co.jp/vox/life/92328/

サッカー部がなぜモテるかというと、この3つが理由になるかと思います。

①身体と身体がぶつかり合う

②チームスポーツ

③ファッション性が高い

①身体と身体がぶつかり合う

バスケや野球よりも、相手と身体でぶつかり合うことが多いのがサッカーです。ぶつかり合ったり、瞬発的に筋肉を使ったりすることで、男性ホルモンが出てきます。男性ホルモンは顔つきを男らしくして、身体もシュッとさせるので、女性にモテるようになるんです。

②チームスポーツ

サッカーは、チームスポーツなので、味方を思いやったり、励ましあったりと、人間関係を構築するスキルが高まると思います。そして、人に優しくなる。優しい人はモテますよね。

③ファッション性が高い

シンプルにユニフォームとか、スパイクとかかっこいいです。これは、やはり世界的にメジャーなスポーツで、ファッション性も高まるからでしょうね。着るものがかっこいいんで、モテます。

てことで、サッカー部の人は異性にもモテて、スクールカーストの上位にも入りやすい。なおかつ、4月生まれのサッカー部の方は同級生よりも成長しているので、上達するのも早く、身体も大きい。自信がついて、さらにパフォーマンスを発揮出来るようになるし、レベルが高い人と切磋琢磨する機会が増えてきます。

統計学的にもスポーツ選手は4月5月生まれの人が多いそうです。また、子どもを4月生まれにするために、計画的に出産をする人もいるそう。

だから、4月生まれのサッカーやってた人は、常に学生時代からチヤホヤされていて、自信がつく。そして、イキるんじゃないかなと思うんです。仮説です。あくまで。批判してるわけでもないです!!ちょっとキャッチーかなと思って、イキると書いただけです!!ごめんなさい!

4月5月生まれのサッカー日本代表一覧

(2019年2月時点)

東口 順昭 5月12日

槙野 智章 5月11日

酒井 宏樹 4月12日

室屋 成    4月5日

原口 元気 5月9日

柴崎 岳    5月28日

守田 英正 5月10日

大迫 勇也 5月18日

25人中8人 32%

均等に配分されてたら16.6%になるはずなので、やっぱり多いですね。ちなみに、若い世代だともっと多かったです。

プロまでなると、色んな挫折や失敗が重なるのでイキることはないかと思いますが、普通の人だったらイケイケドンドンみたいな感じになるんじゃないでしょうか。。。

ちなみに僕は2月生まれです。中学校に入学したとき、4月生まれから3月生まれまで、誕生日順で席が決められたんですが、なんか4月生まれの席の奴らが騒いでた気がしてました。なんかこっちの席より元気な奴多いなと思って、不思議だったんですよね。

実は社会の規範によって人生が変わっているということは、知っといたほうが良いです。

2 Comments

やまお

ありがとうございます!これからも本質をつくようなこと書きますね。よろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です