女性を最初から2個上の学年に進めさせれば、少子化止まる説

とどまることを知らない、日本の少子化。

厚生労働省が発表したデータによると、2018年に生まれた子供の数は、91万8397人で過去最低を更新。3年連続で100万人を割りました。

最も出生率が多かったのは1949年の269万人だそうなので、この年の比べるともう3割ぐらいに減ってますよ。

恐ろしい。。。

とまあ、嘆くのは簡単ですし、よく言われてることなので、ここまでにします。

じゃあこれからどうすんのよってはなしをしようじゃないか!

僕が考えたのは、女性を2個上先の学年に進ませるという改善案。

では、なぜこれで少子化が止まるのか、解説していきます。

女の子の方が精神年齢が高い

そもそも、2個上の学年に進ませても良いのかという問題があります。

でも大丈夫。

どう考えても、女の子の方が精神年齢が高い。

小学生のときなんか酷いですよね。まるで違いますよ。成長スピード!

まあ男の方がバカです。

男のほうが成長スピードが遅く作られてるんですよ。

冒険心があったり、挑戦する度胸があったり、これは賢いとできなくなりますから。

ということで、女の子を先に学年に進ませてもまず問題なし。

基本的に、同学年の男女は出会いやすい

女性は年上の男性と付き合うことが多いですよね。

やっぱり大人な男性に惹かれますし、年上の男性の方が経済的に安心を持てますもんね。

でも、どうしても同学年の人の方が出会いは多くなる!

そりゃそうですよ。

男女が同じ学年同士で、学んでいく教育システムなんですから!

出会う人は、圧倒的に同い年が多くなる!大学に入ってからも一年や二年変わるくらい。

これは、男性にとっても女性にとっても不利!

付き合う確率が低くなります!

だったら最初っから2個上の男性と同学年にしてしまえば、バランスが合うはず。

付き合う確率めちゃくちゃ上がるんじゃないか?

結婚を考えるまでの時間の余裕ができる

女性の社会進出によって、大学に行く女性が増えました。

そのあと、ストレートで卒業して社会人になったら22歳。それから3.4年働いたもう25.26歳!

そうなると、結婚を考えますよね。

でもこの時期って仕事頑張りたい!とか、転職したい!とか、色々と人生に悩んでしまうお年頃。結婚の踏ん切りがつかなかったりするんですよね。

出産のことも考えると、本当に難しいタイミング。

でも、最初っから2学年先に進んでいたら、社会人になるのは20歳。

3.4年働いても23.24歳。

それからなら、まあゆっくりしながら結婚を考えられますよね。

そもそも、今の日本の社会のこの年代の女性大変すぎ。

なぜこれが出来ないか

とは言ってもこんなトンデモシステム。導入難しいですよね。

だってこれ導入したら、導入後に女性の数が2倍になる学年が出てくる。しかも、歳がちがう女性同士が同学年になる。

最初がむずい。。。

こんなの導入するの無理やろ。。

というわけで議論もされないだろうなこんなこと。

まあそゆことで。

本気でやばかったら導入しても良いのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です