インターネットの台頭で、縄文人型のベンチャー企業が強くなった説

日本人には、縄文人型の人と、弥生人型の人がいると言われております。

縄文人の祖先は狩猟採集を生業とし、弥生人の祖先は農耕生活を営んできました。

縄文人型の人は、狩猟を基本とした生活をしているため、少数精鋭かつ対等な関係を好みます

一方、農耕にあたっては指導者と人出があるほうが楽になるため、弥生人は秩序だった集団行動を好みます。

これ、現代でも何かに似てないですか?

そう。

ベンチャー企業と、大企業です。

ベンチャー企業体質の人は、少数精鋭かつフラットな関係性を好みますよね。

大企業体質の人は、大きな組織の中で秩序だった行動を好みます。

つまり、ベンチャー企業にいる人は縄文人タイプで、大企業にいる人は弥生人タイプなのではないでしょうか。

現代の日本では大企業が廃れていき、振興のベンチャー企業がどんどん活躍していますよね。

落ちぶれていった東芝やシャープなどの大企業。のし上がっていった楽天やサイバーエージェントなどのかつてのベンチャー企業。

かつてないほどのスピード感で、振興のベンチャー企業がどんどん力をつけていますよね。

縄文人と弥生人の特徴を見れば、どうしてこのような現象が起こっているのかが、分かるのではないでしょうか。

最初はみんな縄文人だった。

原始時代に時を戻します。もしあなたが、原始人だったら最初から稲作を始めることはないでしょう。

まずは動物を狩り、植物をもぎ取って食生活を送るはずです。

最初はみんな狩猟民族の縄文人だったんですよね。

しかし、知識を得た人類は、稲作を始めるようになり、弥生人という人種が誕生したわけです。

他者が介入しないと、弥生人は繁栄する。

弥生人はやがて、稲作を続けることで安定した生活を送れるようになります。

しかし、縄文人からの侵略があった場合、狩猟生活をやめて戦闘能力が落ちてしまった弥生人は、たちまち領地を奪われ、弥生人の集落が消滅してしまうことがあったと思います。

つまり、弥生人は他者が介入してこない安定した社会が保たれているときに繁栄して力をつける。一方、縄文人は他者が介入し合うのときに、力を発揮するのです。

インターネットが台頭し、他者が介入しやすくなった現代

現代はインターネットが台頭し、世界が狭くなったと言えます。

どんなに離れていても、インターネットの力によって様々な人々と関わり合うことが出来るようになりました。

どこに住んでいても、連絡が取れたり、買い物をしたり出来るようになりました。

ここで、今までの話を踏まえて考えてみます。

現代は、インターネットの台頭によって他者からの介入がしやすくなりました。

よって、他者からの介入がある社会で力を持つ縄文人型の人種の方が、弥生人型の人種よりも力を持つようになる。

そこで現代では、縄文人型のベンチャー企業が、弥生人型の大企業よりも力を持つようになっていったのです。

歴史を振り返ることで、ベンチャー企業が力をつけている理由が分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です