作家性を活かした映画を撮るために 法学部の私が映像業界に進んだ理由 鯨岡弘識

生誕

1993年5月20日

出身

 日本 埼玉県

出身校

慶應義塾志木高等学校

慶應義塾大学

職業

映像制作会社

いつかは自分の映画やドラマを作りたい!なんて思ったことありませんか?自分の考えた物語が、世界各国で映画館やテレビを通して伝わっていく。その物語が喜びや感動を与え、人々の心の片隅に残り続ける。そして10年後・20年後になっても、自分が作った作品が世界のどこかで流れて、誰かの人生を変えているかもしれない。そんなロマンを与えてくれる映像監督の仕事。一度は憧れたことは無いですか?でも、そもそも映画監督ってどうやってなるの?もう大学に入っちゃったから映画監督になれなくない?なんて思っている方は多いはず。

そこで今回は、映像系の大学には進学しなかったものの、映像業界に就職して数々の自主映画を作っている鯨岡さんに取材しました。なぜ、映像作品を作ろうと思ったのか、どうやって就職先を選んだのか聞いてみました。この年齢で映画監督になるのは無理だと思っている君!これを読めば、今からでも遅くないと気付くはず!

鯨岡弘識(くじらおか ひろのり)1993年生まれ。大学生時代から自主制作映画を作り始める。大学卒業後は映像制作会社に入社し、TVドラマの助監督業務などを行う。入社後も自主制作映画の制作を続け、自ら手がけた『FROM TOKYO TO TOKYO』では国際短編映画祭SSFF&Asia2018に入選。2019年には『メイリンの決めたこと』がSSFF&ASIA2019入選、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 国内短編コンペティション部門に入選している。

【予告編】『メイリンの決めたこと』

youtu.be/6GxC6v5f1yM

助監督という仕事

ーどんな仕事をしているんですか?

基本的には、助監督業務ですね。助監督というのは、ドラマ・映画を作るときに監督のもとで補助をする係。監督がやりたいことを再現するために、動き回る仕事です。衣装だったり、細かいセリフだったり、諸々のところを管轄して、担当部署と打ち合わせをして動いていく仕事です。あとは仕事と並行して自主映画を撮って、映画祭に出してますね。

(この年齢で助監督やっているってびっくり😳)

自分がまさか映像の世界に入るとは思っていなかった

大学で法学部に在籍していた鯨岡さん。最初は映像業界に入るとは思っていなかったそう。

ーいつから映像の世界に入ろうと思っていたんですか?

正直なところ、大学に入学した頃は映像業界の道に進むとは思ってませんでした。法学部に入ったので司法関係の仕事を考えていた時期もありました。あと父親がサラリーマンだったので、いわゆる普通の仕事をしているイメージを持っていましたね。それから大学2年生のときに、自主映画を撮り始めて、3年生の夏頃にインターンシップの話が出て来る頃には、映像の世界は意識していましたね。

(自主映画を作ってから映像業界を意識するまでテンポ早くない?👦でも人生の選択肢を決める期間って実は短いんだよね。)

ーなぜ映像業界の道に進もうと思ったんですか?

自分がこれからも映画を作っていくために、2つの方法があったんですよね。1つ目は、メーカーのような時間管理がされている会社に入って、土日で撮影をして自主映画を作る方法です。実際に知り合いで、その道に進んで海外の映画祭に出している人もいたので。

もう1つの方法は、商業的な映像業界に飛び込むこと。これは怖いことで、今まで学んできたこととは全く別の業界に飛び込むわけだし、どう考えても忙しいんですよ。でも映像業界のなかでは、映像作品を作る段取りを学べると思ったんです。段取りを学んでしまえば、どこかのチャンスで自分で企画した映画やドラマを撮れるんじゃないかと考えてました。

そこで、自分が段取りを学んで、映像を作るチャンスを与えてくれそうな会社はどこだろうと考えて、就活をしていました。もしその会社に落ちたら割り切って時間管理ができる仕事をして、自主映画を撮ろうと思ってましたね。結果的には自分の納得のいく会社が雇ってくれたから、今この道を歩んでるんです。

誰かの心に残る映像作品って素晴らしいと感じた

鯨岡さんが映画を作るのは、物語のメッセージが誰かを喜ばせて、誰かの心に残るから。

自分で映像作品を作りたいという熱量はどこから生まれてたんですか?

正直それは分からなくて、一番最初に自主映画を撮り始めた理由と、今映画を撮り続けている理由は全く別なんです。最初の頃は、高校のときにバンドをやっていて、映画音楽が好きになって独学で映画音楽を学んでいたんです。これを趣味でやりたいなって思って、大学生のときに映画サークルに入った結果、自分で映画を撮ってみようかと思ったんです。それから自分で映画を撮ったときに、映像を撮る過程も面白いし、完成物を見たときに感動して、最初は達成感があるから撮り始めていたんですよ。それから段々と自主映画を撮っていくうちに、映画の持つメッセージ性や、自分だけで描ける物語ってあることに気付いたんですよ。そのメッセージや物語に喜んでくれる人がいて、誰かの心に残ることって素敵なことだなって思ったんです。だから、僕はアクションとかエログロとか、ナンセンスなことには全く興味がなくて、人間ドラマばかりを撮ってるんですよね。

(ふとした瞬間に思い出す映画のシーンが思い浮かぶことってあるよね。そんな作品を作れるって素敵なことだよなあ🐥)

人間ドラマを作る理由

人間ドラマで人間のセンシティブな部分を上手く描くことで、メッセージを世の中に発信することができると語る鯨岡さん。

ーなぜ人間ドラマが良いんですかね?

物語を作る人って、心の中にセンシティブな部分を持ち合わせている人が多いと思うんです。不甲斐ない思いをしたり、虚しい思いをしたりした人を間近で見たときに、声を大にして言えないじゃないですか。でも、ドラマや映画を介してだったらメッセージを残せます。だから人間ドラマで、そのセンシティブな部分を伝えたいんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です