若者の恋愛離れの理由は、平和な社会だから説

若者の恋愛離れと言われる昨今。

好きな人ができないとか、彼女彼氏が出来ないとか、周りの友人からよく聞きます。

昔はそんなに恋愛してたのかよと疑っていたんですが、たしかに周りの状況を聞くと、恋愛をしなくなったような気がします。

でもなんでなんだろう?と思ったので、勝手に分析しました。

愛とは何か

そもそも、愛とは何なんでしょうか。

それは、違いを受け入れるということではないでしょうか。

男と女

凸と凹

愛は、常に自分とは異なるものを対象としています。

人類の歴史では、異なる種族、異なる国、異なる宗教同士で争いが生まれました。しかし、人類はその違いを受け入れ、平和な暮らしを手に入れるようになりました。

違いを受け入れないことで、争いが生まれ、戦争が起きる。

違いを受け入れ、愛を育くみ、平和が訪れる。

「違い」によって生まれる「戦争」の対義語は「平和」とか「愛」とか。

「違い」と「愛」は密接な関係です。

違いを受け入れることこそ、愛の本質ではないでしょうか。

逆に言えば、違いがあるから、愛が生まれるのです。

平和になるにつれて、男女の違いが無くなる

昔から男性は、狩りや戦争などの攻撃性の伴う活動を行ってきました。

女性は、集団内でコミュニケーションを取って、安全な場所で暮らしてきました。

これにより、考え方や生き方、身体にも大きな違いを生み出してきたのです。

性の違いがくっきりと区別されていました。

しかし、現代社会では特に性の違いによって差別されることはなくなり、男女でもほとんど同様の生き方が出来るようになりました。

現代社会は平和になったために、男女の違いが無くなってきています。

男性からのアクションの喪失

男女には生殖機能に違いがあります。男性は何度も行為を重なることができますが、女性は出産に体力と時間がかかるため、最小限に行為を抑えます。

男性はなるべく多めに女性を選ぶ。女性はなるべく少なめに男性を選ぶ。

この違いから、どう考えても女性より男性からのアプローチのほうが多くなりますよね。

しかし、平和になったいま、男性の男性らしさは失われ、アプローチが減ってきてしまいました。

男女間での違いもあまりなくなることで、愛が生まれにくくなりました。

よって、平和になったことで、男女の違いがなくなり、恋愛離れが進んだんですよね。

平和になると、違いがなくなり、愛が生まれにくい。

でもきっと時間をかければ愛は生まれてくるはず。なぜなら、人生において常に平和な時間が過ぎることは無いから。

一切皆苦

だから、焦ることはないでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です