なぜ、全裸監督が今の時代にウケるのか

話題沸騰!一天四海に!超絶怒涛の勢いで!視聴者を増やしている作品!それが『全裸監督』

玉石混交のインターネット世界のコンテンツ会に舞い降りた、赤い悪魔 Netflixからの刺客、『全裸監督』は日本中を席巻しておりますね。

私も2日でシーズン1を一挙に見終えましたよ!

いやあ、面白かった!かっこよかった!!

今までこんなに色んな意味で「興奮した」日本のドラマは無かったのではないでしょうか。

Twitter上でも大きな反響を呼んでいることがよく分かります。

『全裸監督』

バブル景気にわく1980年代の日本を舞台に、“アダルトビデオの帝王”と称された村西とおるを、本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)を原作としながら、虚実交えて描いたドラマ作品。制作期間に2年半をかけ、ストーリーとしてはアダルトビデオの誕生と警察との対立。村西の破天荒でエネルギッシュな生きざま、村西の人生を変えることとなる黒木香の立志を描く。

1980年代を舞台に、アダルトビデオの監督を務めていた村西とおるの生き様を描いた作品です。

いや、これだけ見たらなんでこんな作品がウケるのか、謎ですよね。。。

【なぜ、全裸監督が今の時代にウケるのか】

そこでこの疑問を分析しました。

隠されているものが、明らかになる革命

近年は、隠れているものや、意図して隠されているもの、秘密になっていることが、どんどん明らかになる現象が起こっています。

そして、それをどんどん盛り上げていこうというムーブメントが広がっていくようになりました。

週刊文春が、有名人のスキャンダルを暴き、炎上していくように。

Twitter上で誰もが胸にに秘めていた思いを、上手く表現したツイートがバズっていくように。

インターネット上のつながりが強くなるにつれて、暗闇のなかに隠れていたものがどんどん公開されてきました。

ビジネスの世界では、多くの人が企業の内情の透明化に寄与しているOpen Workのような企業口コミサイトを使うようになっています。

また、今までは男性と女性という二つの性別しか社会的に存在しないものとされていましたが、様々な性の多様性の存在がようやく明らかにされ、その多様性を認め合おうというLGBTムーブメントが巻き起こってきました。

それは、全裸監督で描かれる「性」の世界も同様です。

今までは隠し、隠されてきた性の世界。

決して公にはならなかった性の世界も解放されてきたのかと思います。TENGAはデパートの一角でお店を出しました。AV女優 紗倉まなさんは、インターネット番組でコメンテーターとしても活躍しております。

もうそこまで隠さなくて良いんだ!!

オープンにしよう!

だって、それが真実なんだから!!

そんなムーブメントが巻き起こっているんですよね。

最近では、『生理ちゃん』という、生理を擬人化した生理ちゃんと、生理に翻弄される女性たちを描いたマンガ作品が映画化されるまでになりました。

今まで、明かされてこなかった秘密が、きちんと明らかになる時代が到来したんです。

日本社会でタブー化されていた、性の話題が公開され、そして認めていこうという動きが出来たのは間違いありません。

そこで、全裸監督!!

アダルトビデオの帝王を描くといった、深夜番組で細々とやりそうなレベルのストーリーではあるものの、

これはまさに、隠されたものを公開していこうというムーブメントに乗る今の時代だからこその作品なんですよ。

革命を見ている感覚になる

全裸監督は、Netflixだからこその全裸監督です。

地上波では、あの全裸監督にはなり得ないでしょう。なぜなら、テレビはまだ旧来の遺産を引きずっているから。スポンサーに忖度してしまうか。放送倫理に引っかかってしまうから。

視聴者からお金をもらい、クオリティーのみを追求したからこそのあの、さらけ出しっぷり!!

裸も丸見え。

テレビでは出ることが許されない、ピエール瀧だって出ている。

これ、ほんと開放感を感じますよね。

いいぞ!!!いいぞ!!もっとやれ!どんどんやれ!

旧態依然のテレビ業界に、打ち勝て!!

のような感覚で、なんか革命を応援している感覚になるんですよね。

テレビでは見れなかったようなコンテンツを、新時代に到来したNetflixで見ていると、古いものを新しいものがぶち壊すような感覚を味あわせてくれるんですよね。

それで、熱狂を生み出すんですよ。

だから、みんな熱狂的にこの作品を褒め称えるんです。

村西とおるの、ビジネスマインドに心打たれる

そして、この作品の中身。

村西とおるが、革命家でかっこいいんですよ!!

この作品自体が革命的なんですけど、このストーリーも革命を描いてるんです。

村西とおるは、今よりももっと隠されていた「性欲」をビジネスにしていき、かつてのアダルト業界に革命を起こしたわけなんです。

これは、まさに今のスタートアップ企業が、リスクを冒しながらも新しいビジネスを打ち立て、社会を変えていく様に近い!!

当時の村西とおるのビジネスマンとしての生き様は、今の時代においても通ずるんですよ!!

彼の熱量は、時代を超え、作品を通し、私たちに伝わってくるのです!!!

アダルト業界に変革を巻き起こした人物のビジネスマインドは、現代の先の見えない世界の中で、変化を巻き起こそうとする、若者のハートを揺さぶります。

そして、若者たちは熱狂し、インターネット上で拡散し、話題を集め、社会的なムーブメントとして広がっていったのでしょう。

だから、全裸監督は今の時代にウケるのです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です