新しい医療システムを作りたい。元不良少女が目指す道 ナヨン

看護師か、就職か

ー留年してから何してたの?

学校の実習科目のバイトとか、先生のアシスタントとかやってた。学生を捨てずに、可能性を見込んでいてくれたから良かったんだ。必要とされてるんだなって思うから。結構辞めてる人も居たんだよ。

留年中に、ランサーズっていう企業でインターンをして、事業開発をする仕事をしてた!最初全然人いなかったのに、私が卒業する頃には100人ぐらいの組織になったんだ。0が1になる瞬間を見て、すごい純粋に楽しかったよ。

大学3年生になって、信濃町キャンパスに行くと楽しいの。1限から5限まで缶詰なんだけど、自分の専門性も高まりつつあって、先生の質も高くてみんなプロフェッショナルな感じ。だから大学3年生のときは、看護師になりたかった。バリバリがん専門看護師とかになりたかったんだよね。

転機は大学3年の冬に、アメリカ留学プロジェクトの面接を受けたとき。「MAYOクリニック」に行けるプログラムがあったんだ。オバマも大絶賛してる、アメリカで一番の病院なの。かっこいいじゃん?面接で先生になんで行きたいのって聞かれて、アメリカの医療が見たいからですって純粋に言ったの。そしたら、あなたの理由はジェネラルすぎて、なんかもっとないのって言われて落ちたなって思ったんだ。でも、そのときに看護師以外にももっと可能性あるかもって思って、それで就活しようって思ったのが始まり。

それがちょうど大学3年の3月ぐらいだったから就活間に合ったんだよね。一番は商社行きたかった。キラキラしてるじゃん笑

笑顔が素敵です。

ーそのときは、看護行きたいってのは無かったの?

そうだね。ビジネスって面白いし、国際協力を回していくにはビジネスっていうスキームが必要だなって思ったからね。最悪全部落ちたら看護師やれば良いと思ってた。でも結構病院は閉塞的な環境で、看護師は1日単位で同じようなこと繰り返すから、同じことずっとし続けるのは合わないなって思ってたんだ。

結局、アメリカの留学プログラム受かって、インプットが多い分、アウトプットがいっぱい出来るんだなって思った。あとは地域医療の現場を見て、情報共有のためにITって大事だなって思ったんだ。

これからどう生きるか

地域をITでつないでいきたいって言って、今の会社に入ったって感じ。だけど今やってるのは違うからさ、あんまり刺激はないよね。0→1にするんじゃなくて、10→10にするみたいな感じ。ただ社内で、バングラデシュでITを使って国際協力をしている発表を聞いて、やっぱりIT×国際協力が出来ないかなって思っているの。都市部の医者と地方の医者をつないで、貢献出来ないかなって思っていて、それが自分の軸になりつつあるかな。そのために勉強したくて、大学院受けようかなって思ってる。

あと私、やっぱり大手会わないなって思ってるの。一人一人目標を持って、そのために邁進していくほうが良いんだけど、会社のために働いていて、ずっとぬくぬくしてる人が多いんだよね。

あと、将来自分の名前で仕事したいなって思ってるの。でも「自分は何が出来るの?」ってなったときに、まだ無いなって思ってそれで勉強して、専門性をつけて何者かになろうと思うんだよね。やっぱり何か社会を変えるときに、キーワードとなるのは「教育」だと思う。私は同じような考えを持ってる人達を、エンパワーメントするのも一つのミッションだなって思ってる。だから、教育面でも貢献出来たらと思ってるから、大学に戻るか、市民向けの教育をやろうかと思ってる。

将来を考える後輩たちへのメッセージ

どうなりたいかが、大事だなって思う。高校生のときに、私も考えていたけど、日々メンテナンスすることが大事。インプットしていくことで、考えること違ってくるから。本当にこれで合ってるのかな?今の自分で本当に良いんだっけ?もっと出来ることあるかな?ってちゃんとその時々に考えたほうが良いかもしれないって思ってる。悩みながら生きるの嫌じゃん?

あと、「自分とは何者か」ってちゃんと考えたほうが良いと思う。自分にしか出来ないこととか、自分のバックグラウンドとか、自分は在日3世だったから、在日としてどう生きるか考えたかな。偉そうなこと、言えないんだけどさ。色んなことやった方が良いかもね。それこそ勉強会行ったりさ!

(「自分とは何者か」って考えたこと、何回あります?多分、僕はあんまりなかったと思います。流されるままに、生きてきました。)
(ナヨンは、そこをしっかり考えていたんだなと思います。だから、将来の生き方を考えることにもつながって、看護学部に行くとか、それでも辞めて就活するとか、大きな決断が出来たのかな。)
(途中で考え直すことって、考えていなかったからではなくて、よく考えてたから。だから、途中でやめて方向転換するのもありだよね。向かってる方向は実は同じだったりするし。これからも頑張って、あなたらしく!ナヨン!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です