最強のコミュニケーション術は、ネジを真似ることである理由

みなさん、突然ですが、

釘とネジの使い分けってか分かります?

ググればすぐ出るので、答えをすぐ言ってしまうと、

ネジは引っ張る力に強いですが、釘は引っ張る力に弱いです。

釘は横からの力に強いですが、ネジは横からの力に弱いです。

だそうです。

つまり、木材同士をくっつける際に、引っ張られて取れないようにしたいときは、ネジを使うんですよ。

あれ?これって何かのアナロジーに出来ませんか??

そう!それは、人と人をくっつけるとき。

人と人とのコミュニケーションのあり方の話です。

人間同士をくっつける際に、引っ張られて引き剥がされないようには、ネジのようなコミュニケーションが必要なのではないかと思ったのです。

つまり、最強のコミュニケーション術は、ネジを真似ること

解説していきます。

ネジのようなコミュニケーションとはなにか?

ネジは釘と違って、回転して木材を巻き込みながら進んで行きますよね。

ネジをコミュニケーションで例えると、うまいこと相手を巻き込みながら話を進めていくということ。

これはすなわち、相手の情報を引き出しながら自分のことも伝えていくことです。

相手の話を質問によって引き出しながら、自分の話も提供する。そうして、会話を進めていきます。

そうすると、相手と自分が交互に話を進めていくので、それはまさにネジと木材の関係性に近づくわけなんですよ。

ネジのようなコミュニケーションとは、相手の話しを引き出しながら、自分の話をしていくことです。

なぜ、ネジに学ぶのが最強なのか?

世の中には様々なコミュニケーション術が溢れておりますが、それってコミュニケーションを取るとき、毎回意識できますか?

意識できませんよね?

コミュニケーションというのは、あらゆる場面で起こりうることですので、ほとんど無意識的に行われることです。

そのため、これを意識しようと思っていても毎回忘れてしまいます。

意識すべきことは最低限でなおかつシンプルの方が良いわけです。

となると、ネジは、たったの2文字ですよ!?

「ネジ」というたった2文字を思い出すだけで、コミュニケーションの質が変わるので、「ネジ」が最強なんです。

下穴を考えることもできる

ネジ、釘にも当てはまるんですけど、どちらも下穴を作ることが必要なんですよね。

下穴が無いと、いきなり刺そうと思っても、なかなか刺せません。

これをコミュニケーションで置き換えると、最初のフックとなる部分に注意しろということです。

何かしらの共通点や、コミュニケーションを取るための何かしらの引っ掛かりがないと、円滑にコミュニケーションを取れないですよね。

これはつまり、下穴のこと。

ネジを意識すれば、あ、まず下穴を作らないとという意識も生まれるので、ネジは最強です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です