教育のレールから外れた人が、社会を変える説

落合陽一村上春樹堀江貴文佐々木紀彦ビル・ゲイツスティーブ・ジョブズマーク・ザッカーバーグなどの人物に共通することは何でしょう?

それは、浪人、留年、中退などで、教育のレールから外れる経験をしているということです。

このレールから外れるという経験が、社会を変えるうえでとても重要です。それはなぜかポイントを絞って伝えていきます。

①チャレンジ精神が旺盛になる。

教育のレールから外れることは、一般的に避けられます。進んで浪人や留年をする人はいませんよね。それは、恐怖を感じるからです。周りに置いてかれ、レールから外れることに恐怖を感じるからです。この恐怖は、人生での大事な決断に大きな影響を及ぼします。転職や独立など、今までのレールから外れなければならない決断を、恐怖がブロックするのです。一方、すでに教育のレールから外れた経験をした人は、そこまで恐怖を感じません。なぜなら、彼らはレールに外れても、なんとかなる事実を、体験しているからです。

よって、社会を変えるのに不可欠な、チャレンジ精神が旺盛になるんです。

②自分の将来を深く考えられる。

教育のレールに乗ったままだと、常に受動的になります。あれしろ、これしろ、など周りからの影響を受けることがほとんどです。しかし、レールから外れると、自ら考えて何をすべきか考える時間が増えます。そして、将来自分が何をすべきかを考えることが出来るのです。

NewsPicksの佐々木紀彦さん曰く、人生におけるできるだけ早い時期に、自分と向き合う孤独な時間を作って何をしたいのか考えるのは、自身のキャリアにとって大切なことだそうです。

自分が為すべきことを、最初のうちに考えている人は、社会を動かします。

③フラットな思想が芽生える。

日本人は年功序列の思想が根強いです。しかし、レールから外れることで、フラットな思想を持つようになるでしょう。年齢にとらわれず、やりたいことをやっていると、「なんだ、別に歳なんて関係ないじゃないか」と思うようになるはずです。

年上だからとか、年下だからとか、そんなのは関係ない。より深くいくと、外国人だとか、性別が違うとか、そんなの関係なくねと、フラットな思想が芽生えるのです。

落合陽一さんも、高校から大学に入るまでに、ギャップイヤーがあった方がフラットな思想になると言っていますフラットな思想を持つことで、固定観念をぶち壊し、社会を変えるアイデアが生まれるのです。

というわけで、別に浪人しろ、留年しろ、中退しろ、とは言いませんが、そこまで恐れることはないと思って欲しいです。こんなに偉大な方々だってしてるんですもん。かえって、レールから外れたことで大きな学びを得られるのですから。

偉大な発明家、トーマス・エジソンの最終学歴知ってます?

小学校中退

ですよ。

浪人しても、留年しても、大丈夫。その経験が必ず力になる。やったれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です