ジェットコースターに乗るのが怖い人は、先祖に高いところから落ちた人がいる説

はい。今回の仮説のテーマは、ジェットコースターです。

あれ、怖がる人と怖がらない人がいるのって不思議じゃないですか??

身体的な特徴の違いによるものなんでしょうかね??

ちなみに僕はジェットコースター乗るの怖がるタイプの人です😋てへぺろ

スプラッシュマウンテンも怖いです😋てへぺろりーの

タワーオブテラーに乗ることが決まってたら、3日前から身震いして夜も寝れません😋てへぺろりーの伯爵

そんなわけで、思いついたのが今回の仮説。

【ジェットコースターに乗るのが怖い人は、先祖に高いところから落ちた人がいる説】

解説していきます。

先祖の経験が私たちを形作る

人間は時代を越えて自然に適応してきました。

寒いところに暮らししている人は、より寒さに強い身体に。暑いところに暮らしている人は、より暑さに強い身体に。

自然に適応して、生き延びてきたわけなのです。

であるならば、高いところから落ちる経験があった人類は、今後高いところから落ちないように、落ちるのことを怖いと認識する身体になってきたのでは?

つまり、怖がるのは生存本能!!

先祖から受け継がれてきた警告!!

大事にしようぜ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です