SNSと、好きなことの見つけ方

あなたの好きなことって何ですか?

人生は選択の連続。何を食べるか、どこに就職するか、誰と付き合うか、様々な選択を強いられます。そこで重要なことは、自分の「好き」を明確にすることですよね。

大きな選択の際に、人間は悩み、不安に思うもの。私も就職活動でめちゃくちゃ悩みました。自分は何が好きで、何が得意で、何をやりたいんだろうと、考えても考えてもなかなかはっきりとした答えが見つかりませんでした。

ではどのようにして、自分の好きなことを見つけるのか?

見つける方法教えます!

それは、

いいねと思ったものを集めることです!

SNSは必ず「いいね」機能がある

facebookでも、twitterでも、Instagramでも、TikTokでも、YouTubeでも、様々なコンテンツが世の中に出回っていますよね。そのサービスには必ず「いいね」を押せる機能があります。これを使わない手はない!

皆それぞれ「いいね」と思うところは違うはず。あなただけの「いいね」で見えることが出てくるはずです。

例えば、僕は「リチャード・リンクレイター」という映画監督が好きです。代表作に「ビフォーサンライズ」「6歳のボクが大人になるまで」といった作品があります。僕は映画が好きで500本以上見てきましたが、有名作品というわけではないけれど、特に心に刺さる映画の監督がリチャード・リンクレイターだということに気付きました。これに気付いたのはFilmarksというアプリのおかげです。

Filmarksは自分が見たい映画や、見た映画を登録できるSNSです。そのアプリを使って気付いたのが、リチャード・リンクレイターという監督の作品が多いということ。日本ではそこまで有名ではないですが、彼が作る作品はとことん自分の感覚を揺さぶっていたのです。

もちろん、バックトゥザフューチャーとか、ララランドとか、他にも好きな作品はあります。でも、自分にピンポイントで刺さるなと思える映画を作っていたのが、リチャード・リンクレイターだったんです。そして、ひたすら同監督の映画を観ました。僕はジャンルでは青春、ラブコメが好きで、日常生活の人の葛藤や恋心の描写を見るのが好きなんだということです。

この経験が、今の自分の「Hope Model」でのインタビュー活動につながっていきます。一般的な生活のなかで、人はどんな悩みを抱えて生きるのか、そしてどう選択していくかに興味があるからこそ、この活動が続けれるのだと思います。

SWOWROOMの代表、前田祐二さんの「メモの魔力」でも、自己分析の方法の一つとして、「150枚写真を撮ること」を挙げていました。自分が撮影した写真を見ると、自分はこの世界の何に興味を持ち、何を好むのかが分かってくるそうです。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]

created by Rinker

今の時代、世界中にある様々なコンテンツを手に取ることが出来ます。その中で自分が良いなと思えるものを集めていけば、自分の好きなことが見つかっていくでしょう。

まずは、SNSで「いいね」をしたものの一覧を見てみる。そして、そこにどんな共通点があるか分析して、抽象化する。

そこに、あなたらしさが出てくるはずです。

ぜひ、やってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です