うんこ漢字ドリル はなぜ売れたのか?

うんこ漢字ドリル

最高だ

小学生の心をガッチリつかみ、2ヶ月で180万部の大ベストセラー。数々の賞を受賞し、一世を風靡たあの作品

うんこ漢字ドリル

なぜ売れたのか、勝手に考察してみました。

①大人びた小学生の心を掴んでいた。

小学生をざっくり二分割すると、大人びた小学生と子供っぽい小学生に分けられる。うんこ漢字ドリルは、まずどの層にウケるのか。それは、恐らく大人びた小学生だったのではないかと思う。うんこ漢字ドリルは、いかにも子供っぽい小学生にウケそうなのだが、実はそうでもない。なぜなら、このドリルは本格的な漢字ドリルで、子供騙しのものではないからだ。

うんこ漢字ドリルは、当初低学年向けだろうと1.2年生向けだけに作ろうとしたが、全学年向けへの発行に踏み切ったそうだ。そのため、うんこ漢字ドリルシリーズでは、6学年分の全3018例文が登場する。

例えば、

会社にうんこの絵をかざったところ、業績が上がったそうだ(小学5年生)

一回一回のうんこを誠実に積み重ねてきた(小学6年生)

などの例文がある。いかにも大真面目な文例にうんこが書かれている。決して、うんこだけを使った適当な例文ではなく、大人が日常生活で使うような普通の文章に、うんこを織り交ぜているのだ。

ここに、理由がある。

大人びた子どもは、なめられるのが嫌いだ。だからもし、うんこだけを推す、これ出せば喜ぶだろ的な感じで、小学生向けの簡単な例文のみを載せた場合、こどもはなめられていると感じて嫌がっていただろう。

子どもをなめていない、本格的なドリルだったからこそ、大人びた小学生に受け入れられたのだ。そして、シンプルに子どもっぽい小学生は、うんこが好きだから買う。

大人びた小学生、子どもっぽい小学生のどちらの心をつかんだため、大きなヒットを生み出したに違いない。

②お堅い教育界で うんこ を使った出版社の心意気

社内で、うんこ漢字ドリルを企画として提案した場合、普通の会社ならクレームを恐れて、却下していただろう。まず、何かしらのお偉いさんの批判を受けそうだし、お堅い教育界でうんこというワードを使うことに、不安があったはずだ。

しかし、そんな世間からの批判や不安に負けずに、恐れず挑んでいく心意気があった。その熱い想いが、子どもたちに刺さり、誰もが熱狂する魅力的な作品を作り出したに違いない。

③「うんこ漢字ドリル」というワードセンス

小学生にウケるネタは、うんこ以外にもいっぱいある。例えば、おちんちんだってウケるはずだ。でもうんこがやはり絶妙なバランスを保ったワードであることは間違いない。おちんちん漢字ドリルだとやりすぎなのだ。うんこというワードは、卑猥すぎず、きれいすぎない。まあうんこ自体は汚いのだが。

そして、「うんち」でもない、「うんこっこ」でもない、「うんこ」というワードが素晴らしい。排泄物をドリルの名前に入れ込む場合は、「うんこ」が一番ちょうどいいのだ。うんこ 漢字 ドリル の語呂も良い。

なんかタイトルを言いたくなる作品は、まず売れる。

というわけで、

うんこ漢字ドリルはマジですごい。

売れるべくして売れたのだ。

またこのような作品が登場し、日本中の子どもたちの学力が上がれば嬉しいなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です