自分のやりたいことを言えない会社は、腐敗する説

会社で、プライベートの時間に何やってるかを聞かれていることが多い。

そんなこと答えられなくないか???

20代は、進路に悩んでいる時期です。

だから、次の進路に向かってどう生きていくかをプライベートの時間に当てている人も多いはず。

僕だって、ライターへの道を歩むために、取材したり、記事を書いたりしている。

そんなことを会社の人に話したら、転職するかもしれないと思われて、マイナス評価になってしまう。

言えるはずがないじゃないか!

でもそもそも、おかしくないですか?

自分が本当にやりたいと思っていることを言えない会社って、、、

嘘が蔓延しますよね。

素直になれない。

自分の本来の姿を出すことが出来ない。

モチベーションは、本当にこうありたいと思うところから始まるのだから。

モチベーションが上がらないまま、会社に勤めることになるんですよ。

とゆうことで、自分のやりたいことを言えない会社は腐敗する説を唱えます。

若手社員は、どう生きるかを悩んでいる

20代は、とにかく悩む時期ですよね。

一度入った会社でも、ちょっと自分のやりたかったことと違ったり、こうじゃないと思って違うことを考えていたりするんですよ。

なのに、会社の上司たちはそんなことを考えていない。分かっていない。

ずっと同じ会社に勤めるもんだという固定観念が強すぎる。

だから、プライベートに何をやっているかを気軽に聞いてしまうのです。

友達と会ったり、テレビを見たりしてると本当に思っているのか??そんなことしてるわけないじゃないか。こっちだって真剣に進路を考えているんだ!!!!必死に生きてるんだ!!

嘘をつかずに言っても良いよ!でもそれを受け入れてくれるのか本当に?その思いを受け入れて、部署異動をさせるのか?違うだろ??

気軽に聞かないでほしい。

会社にいる理由を聞かないのは、おかしい

そもそもなぜ、この会社にいるかを聞かないのはおかしい。

会社は無限にある。その中でここで働いているということは、理由があるはずだ。でもなぜ、それを聞かない?そして、なんでも言える環境になぜしないのか?

そんなことしてたら、嘘をつかれて、いつの間にか、若手社員はやめていくぞ。

そこで、色々言うんだろどうせ。あいつは、どこ行ったってダメだなんて。分かるよその気持ち。でもさ、本音が言いづらいんですよ。

おかしくないですか??

こうして、若手社員はドンドンやめていく。そして、腐敗していくんだろうな。

まあそうして、縮小していくんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です